外壁塗装に使用する塗料の違い|横浜にある「横浜外壁塗装王」は外壁塗装と塗替えを行っております。クレジットカード決済にも対応しております。

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ

FAQ

外壁塗装に使用する塗料による違いとは?

家を建設した時には、横浜市内でも周りにあまり家が建っていない場所を選んだこともあって、比較対象になる建物もなく、仕上がりにもとても満足していました。
しかし、それから約15年の間に、周りにどんどん家が建ち並んで、我が家が最も古い建物になってしまいました。
本当は家を建て替えたいくらいですが、まだ住宅ローンも半分くらい残っていて、貯金もそんなにないので、せめて外壁塗装をして少しでも周りに対抗できるようにしたいと考えています。
家を建てた時にも、予算をなるべく家の他の部分に回すために、外壁に選んだモルタル壁には比較的安い塗料を使用してもらった経緯があって、そのせいで劣化の進みも早いことが予想されるわけなのですが、今度使用してもらう塗料にはできるだけ長持ちして、見た目も良くしてもらうことを希望しています。
やはり外壁塗装に使用する塗料によって、耐久年数や見た目などに違いは出るものでしょうか?

answer

高耐久性以外にもたくさんの違いがあります

以前に比べて高性能で耐用年数も長い塗料が、各メーカーから販売されています。
使用する塗料によっては、環境にもよりますがおよそ20年長持ちする商品もあり、その分価格も割高になりますが、今後のメンテナンスのスパンを考えると、コストの低減につなげることも可能です。
安価な塗料を選択すれば、それだけ外壁の次期塗り替え時期は短くなります。
紫外線や雨風などの自然環境から建物を保護するために、塗膜は大きな威力を発揮します。
塗膜の劣化は、建物の傷みを早める直接的な原因になるため、外壁塗装に使用する塗料選びは非常に重要となります。
耐久性の他にも、防カビ、防藻、遮音性、断熱性、遮熱性、低汚染性、透湿性などに優れたいろいろな塗料がありますので、ご自宅が建つ環境に合わせて商品を選ぶことをおすすめします。

PageTop

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム