横浜にある倉庫の外壁塗装|横浜にある「横浜外壁塗装王」は外壁塗装と塗替えを行っております。クレジットカード決済にも対応しております。

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ

FAQ

横浜にある倉庫の外壁塗装をお願いしたいです。

築30年ほどの倉庫を保有しております。最近、塗装のはげが目立つようになってきました。塗り直したいです。
知人に相談したところ、最近では塗料の種類も増え、それぞれに特徴があり、耐久性も大きく異なるとのことです。倉庫ですから、そこまで見た目にこだわる事はありません。しかしできることなら清潔感は出したいですし、なにより長持ちするものを選びたいです。
塗料の中には太陽光を使ってセルフクリーニングのできるものもあると広告で見たことがあります。そこまでの機能性を求めるかどうかは見積もり後の話かとは思いますが、気になる塗料の1つです。何より清掃の手間が減るというのはいいですね。
今回の塗替えは部分的ではなく全体で考えています。今の色を引き続き採用してもいいですし、他の色でもいいかなと考えています。もし、業者さんの方で近年の倉庫向け塗装例や流行などを把握されていたら、ぜひ教えていただきたいです。
こういった場合はどのような業者にお願いしたらいいのでしょうか?アドバイスをお願いします。

answer

外壁塗装なら専門業者にお任せください。

おっしゃるとおり、塗料の進化は近年めざましく、似たような色でも複数の種類があります。
一般に広く使われている塗料はウレタン塗料やシリコン塗料です。大まかに耐用年数は5年から10年です。普及している分、色の種類も幅広く、選択肢が多いです。特定の色にこだわりのある場合は、比較的安価なこちらの塗料がおすすめです。
セルフクリーニング機能のある塗料は光触媒塗料です。太陽光と雨を利用して、塗装面に付着した汚れを落とします。白など明るい色であれば、よりその特性を発揮します。ただし、日当たりの良くない部分に塗装してもセルフクリーニングはできず、コストがかかるだけとなってしまいます。光触媒塗料を利用する際には日当たりと、他の塗料との塗り分けを意識してプランを立ててみましょう。

PageTop

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム