外壁塗料によって耐久年数の違い|横浜にある「横浜外壁塗装王」は外壁塗装と塗替えを行っております。クレジットカード決済にも対応しております。

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ

FAQ

外壁塗料によって耐久年数が違うと聞きますがどのくらい差がありますか?

横浜で新築の戸建てを購入してから15年ほどになります。家の中も外も今のところ劣化は特になく、購入するときには予算オーバーで悩みましたが、しっかりした構造の家を選んでよかったと満足しています。一方、同じ時期に妹夫婦も横浜市内で家を購入しましたが、家の一角にカビのようなものが出ていて、外壁も劣化がはっきりと見られます。不動産価格も建設業者も違うため比較するべきではないと思うのですが、家の品質に差を感じます。妹が外壁塗替えを考えていて、ネットで調べているようです。塗替えにあたり、外壁塗料の種類によって耐久年数が違うようだから、よい塗料を選ばないとすぐに劣化してしまうと言っていました。ちなみにどのくらい差があるものでしょうか?良心的で信頼できる塗装業者さんをご存知でしたら教えて頂けないでしょうか?

answer

お住いの環境によっても耐久年数は変わります

外壁の塗替えに使用される塗料には多くの種類があり、種類によって耐久年数が異なりますが、平均的な塗装仕様において、外壁や屋根の美観を維持する耐用年数は約10年が一般的です。雨風や紫外線、気温の変化などの影響、ほこりや有害ガス、カビなどの影響などにより劣化の進行は変わります。
耐久年数の長い塗料を選ぶだけでなく、定期的にメンテナンスを行い、適宜修復し性能を維持していくことが重要です。
数ある外壁塗装会社の中で横浜地域に施工エリアを絞った会社があります。地域に密着することで遠方への出張費用などを排除し、全てを自社で賄うことで中間マージンが発生せず、工事費を最低限まで抑えている良心的な会社です。
アクリル塗料は約3~5年、ウレタン塗料は約5〜8年、シリコン塗料は約8〜12年、フッ素塗料は12〜15年の耐久年数です。アクリル塗料とフッ素塗料では倍近くの料金差がありますが耐久年数は3倍近く異なります。外壁塗替えのプロに相談され、長い目で見た塗料を選びを検討されるとよいでしょう。

PageTop

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム