横浜の外壁塗替えならお任せ下さい。

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ

横浜の外壁塗替え【ポイントとFAQ】

私たちは横浜で外壁塗替えのサービスを提供している業者です。利用者に安心してもらえるサービスを目指しています。利用するときには、打ち合わせから施工、アフターフォローにいたるまで、すべて自社で対応しています。質が高くてきめ細かなサービスを実施しているため、信頼できるでしょう。横浜で地域密着型のサービスを展開していて、問い合わせをいただければすぐに現場にかけつけて調査を実施することが可能です。住宅の寿命を延ばすためにも外壁塗装はとても重要です。定期的に外壁塗替えをすることで、家を守

外壁塗替え 横浜

ることができます。外壁塗装の劣化を放置すると、さまざまな問題が引き起こされます。最終的には建物の建て替えをしなければ対処できない状態になるのです。そのため、私たちのところに相談していただければ、迅速に外壁の塗替えをして、塗装によって家を守ることができます。現在、外壁塗替えが必要な状態なのか調査をすることも可能です。さまざまな種類の塗料に対応していて、それぞれの希望を聞き出して最適なものを提案することができます。実際の工事の際には近所迷惑にならないような配慮も十分に行います。横浜で外壁塗替えを検討している人は、ぜひ株式会社アトリエネオ(横浜外壁塗装王)までご相談ください。

01外壁塗替え工事とは

外壁塗替え工事というのは、その名前の通りに家などの外壁の塗装を塗替えする作業のことです。
外壁塗装はモルタル壁には必要だけど、サイディング壁には必要ないと思っている方も少なくないようですが、基本的には全ての外壁に塗替え工事が必要となっています。外壁塗装は見た目を美しく保つだけではなく、大切な住まいを守るためのメンテナンス工事として欠かすことはできせん。
四六時中紫外線や雨風に晒されている外壁は、建物を建築した瞬間から劣化が進み、防水機能を失ったり、飛来物などにより外壁に傷が付いたりすると、家の中に雨水が浸水して最悪建て直しを余儀なくされてしまいます。
外壁に使用されている塗料や、家などが建っている環境によっても外壁の塗替え工事を行う時期は異なりますが、一般的には15年前後で工事が必要となり、築10年以上経っている場合は、まだ大丈夫だろうと思わないで、早めに専門業者に依頼して状態を診てもらい、必要に応じて工事を行うことをおすすめします。
外壁の塗替え工事を怠ると、家の建て直しは回避できたとしても、状態が酷くなればなるほど多額の必要が必要となり、塗装の塗替えでは対処できなくなって外壁の張替えが必要になるケースも多く確認されています。

02初めて外壁の塗替えを行う場合の注意点

初めて外壁塗装を行うときには、どのくらいの費用がかかるのかも理解していない方多く、塗装に関する知識も持ち合わせていないため、最終的にいろいろなことに失敗してしまうケースが多く見られます。
初めての外壁塗装を失敗させないためには、事前にある程度の知識を入れておくことをおすすめします。
まず、外壁の塗替え工事を行う目安は築10年前後というのが一般的です。壁材や使用している塗料によっても塗替え時期は異なりますが、これを目安にしておけば、あとは外壁の劣化具合を確認すれば素人でもその時期がきたことを判断できます。
壁やコーキングのひび割れや、塗装の剥がれた色あせ、カビや藻の発生は芸壁が劣化しているサインで、その他にも壁を手で触ったときに白い粉のようなものがつくチョーキング現象も塗替えをした方がいいというサインの一つです。

初めて外壁の塗替えを行う場合の注意点

外壁塗装を行う場合は、業者選びが重要なポイントで、間違っても悪徳業者に騙されてはいけません。
残念ながら各地で悪徳業者の被害に逢っている方は後を絶たず、悪徳業者は巧妙な手口で消費者を騙して高額な工事費をせしめています。
それを防ぐためには、訪問販売には十分に注意をして、自ら信頼できる依頼先を選びましょう。

03外壁の塗替えをするときに良くある3つの悩みを紹介

建物の外壁塗装は定期的なメンテナンスが必須であると認識しつつも実感が湧きにくいものです。先延ばしにしてしまいがちな外壁塗装のお悩みについていくつか挙げてみましょう。

1.外壁の色には注意が必要
外壁塗装が完成したら、色味が思っていたのと違うということは良くあることです。そんなトラブルを解消するには、あくまでも色見本で見せてもらったものと仕上がりは異なることを事前に知っておかなければいけません。
そのうえで、色見本だけを見せて塗料を選択させて、何の説明もしてくれないような業者にははじめから依頼しないことをおすすめします。
外壁塗装は自分の好みの色が見つからなくても、塗料を調合して好みの色にしてもらえるので、親身になって相談に乗ってくれる業者を選びましょう。

2.外壁塗装工事中にはニオイに注意
外壁塗装工事中は、どうしても塗料のニオイがして、他にも騒音や業者の話し声がしてそれらがストレスになる方も少なくないようです。さらに、それらがご近所迷惑になることもあります。
優良業者であれば、工事前に近隣住宅への挨拶をしっかり行い、ニオイに関しても工事中にどこの窓を開けて対策すればいいか教えてくれます。

3.工事後に追加料金が発生した
最初に見積りをとってから外壁塗装工事を行うことは当然ですが、工事後に追加料金を請求されて悩む方も多いようです。
そのような悩みを抱えないためには、事前に絶対に追加料金がかからないことを確認するしかありません。
そもそも平気で追加料金を請求してくるような業者には依頼しないのが正解です。

04外壁の一種である「窯業系サイディング」の特徴

外壁塗替え 横浜

外壁は素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要で、一般的には10〜15年に一度の割合で外壁の塗替え工事を行わなくてはいけません。
外壁の素材は主に「窯業系サイディング」「樹脂系サイディング」「金属系サイディング」「木質系サイディング」「モルタル」「タイル」「ALC」の7種類に分かれています。一昔前はモルタルが主流でしたが、現在では「窯業系サイディング」が最も多くの住宅で選択されています。
セメント質と繊維質などの原料を板状に形成したものが窯業系サイディングで、2021年時点で70~80%のシェアを誇っています。その理由は、価格、機能性、デザイン性などの多くの面で他の外壁よりも優れていて、色合いも豊富に用意されていて、工事を行う方からみても施工が比較的容易であるメリットもあるようです。
窯業系サイディングでも定期的な塗装工事が必要ですが、サイディングには継ぎ目があり、そこに使用されているコーキング材も経年劣化を起こすため、塗装工事の際にはコーキングの改修も必要となります。
コーキングの劣化以外にも、メンテナンスのサインとしてひび割れや汚れや雨だれなどがあるため、見た目で気になる部分があれば、専門業者に早めに診てもらうことをおすすめします。

FAQ一覧

PageTop

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム