横浜の外壁塗替えならお任せ下さい。

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ

横浜市保土ヶ谷区の外壁塗替え【ポイントとFAQ】

私たちは横浜市保土ヶ谷区で外壁塗替えのサービスを提供している業者です。利用者に安心してもらえるサービスを目指しています。利用するときには、打ち合わせから施工、アフターフォローにいたるまで、すべて自社で対応しています。質が高くてきめ細かなサービスを実施しているため、信頼できるでしょう。横浜市保土ヶ谷区で地域密着型のサービスを展開していて、問い合わせをいただければすぐに現場にかけつけて調査を実施することが可能です。住宅の寿命を延ばすためにも外壁塗装はとても重要です。

外壁塗替え 横浜

定期的に外壁塗替えをすることで、家を守ることができます。外壁の劣化を放置すると、さまざまな問題が引き起こされます。最終的には建物の建て替えをしなければ対処できない状態になるのです。そのため、私たちのところに相談していただければ、迅速に外壁の塗替えをして、塗装によって家を守ることができます。現在、塗替えが必要な状態なのか調査をすることも可能です。さまざまな種類の塗料に対応していて、それぞれの希望を聞き出して最適なものを提案することができます。実際の工事の際には近所迷惑にならないような配慮も十分に行います。横浜で検討している人は、ぜひ株式会社アトリエネオ(横浜外壁塗装王)までご相談ください。

01外壁塗替え工事とは

外壁塗替え工事というのは、その名前の通りに家などの外壁の塗装を塗替えする作業のことです。
モルタル壁には必要だけど、サイディング壁には必要ないと思っている方も少なくないようですが、基本的には全ての外壁に塗替え工事が必要となっています。見た目を美しく保つだけではなく、大切な住まいを守るためのメンテナンス工事として欠かすことはできせん。
四六時中紫外線や雨風に晒されている外壁は、建物を建築した瞬間から劣化が進み、防水機能を失ったり、飛来物などにより外壁に傷が付いたりすると、家の中に雨水が浸水して最悪建て直しを余儀なくされてしまいます。
外壁に使用されている塗料や、家などが建っている環境によっても外壁の塗替え工事を行う時期は異なりますが、一般的には15年前後で工事が必要となり、築10年以上経っている場合は、まだ大丈夫だろうと思わないで、早めに専門業者に依頼して状態を診てもらい、必要に応じて工事を行うことをおすすめします。
外壁の塗替え工事を怠ると、家の建て直しは回避できたとしても、状態が酷くなればなるほど多額の必要が必要となり、塗装の塗替えでは対処できなくなって外壁の張替えが必要になるケースも多く確認されています。

02初めて外壁の塗替えを行う場合の注意点

初めて工事を行うときには、どのくらいの費用がかかるのかも理解していない方多く、塗装に関する知識も持ち合わせていないため、最終的にいろいろなことに失敗してしまうケースが多く見られます。
失敗させないためには、事前にある程度の知識を入れておくことをおすすめします。
まず、外壁の塗替え工事を行う目安は築10年前後というのが一般的です。壁材や使用している塗料によっても塗替え時期は異なりますが、これを目安にしておけば、あとは外壁の劣化具合を確認すれば素人でもその時期がきたことを判断できます。
壁やコーキングのひび割れや、塗装の剥がれた色あせ、カビや藻の発生は芸壁が劣化しているサインで、その他にも壁を手で触ったときに白い粉のようなものがつくチョーキング現象も塗替えをした方がいいというサインの一つです。

初めて外壁の塗替えを行う場合の注意点

外壁塗装を行う場合は、業者選びが重要なポイントで、間違っても悪徳業者に騙されてはいけません。
残念ながら各地で悪徳業者の被害に逢っている方は後を絶たず、悪徳業者は巧妙な手口で消費者を騙して高額な工事費をせしめています。
それを防ぐためには、訪問販売には十分に注意をして、自ら信頼できる依頼先を選びましょう。

03良くある3つの悩みを紹介

建物の定期的なメンテナンスが必須であると認識しつつも実感が湧きにくいものです。先延ばしにしてしまいがちな外壁のお悩みについていくつか挙げてみましょう。

1.外壁の色には注意が必要
完成したら色味が思っていたのと違うということは良くあることです。そんなトラブルを解消するには、あくまでも色見本で見せてもらったものと仕上がりは異なることを事前に知っておかなければいけません。
そのうえで、色見本だけを見せて塗料を選択させて、何の説明もしてくれないような業者にははじめから依頼しないことをおすすめします。
自分の好みの色が見つからなくても、塗料を調合して好みの色にしてもらえるので、親身になって相談に乗ってくれる業者を選びましょう。

2.工事中にはニオイに注意
工事中は、どうしても塗料のニオイがして、他にも騒音や業者の話し声がしてそれらがストレスになる方も少なくないようです。さらに、それらがご近所迷惑になることもあります。
優良業者であれば、工事前に近隣住宅への挨拶をしっかり行い、ニオイに関しても工事中にどこの窓を開けて対策すればいいか教えてくれます。

3.工事後に追加料金が発生した
最初に見積りをとってから外壁工事を行うことは当然ですが、工事後に追加料金を請求されて悩む方も多いようです。
そのような悩みを抱えないためには、事前に絶対に追加料金がかからないことを確認するしかありません。
そもそも平気で追加料金を請求してくるような業者には依頼しないのが正解です。

04外壁の一種である「窯業系サイディング」の特徴

外壁塗替え 横浜

外壁は素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要で、一般的には10〜15年に一度の割合で外壁の塗替え工事を行わなくてはいけません。
外壁の素材は主に「窯業系サイディング」「樹脂系サイディング」「金属系サイディング」「木質系サイディング」「モルタル」「タイル」「ALC」の7種類に分かれています。一昔前はモルタルが主流でしたが、現在では「窯業系サイディング」が最も多くの住宅で選択されています。
セメント質と繊維質などの原料を板状に形成したものが窯業系サイディングで、2021年時点で70~80%のシェアを誇っています。その理由は、価格、機能性、デザイン性などの多くの面で他の外壁よりも優れていて、色合いも豊富に用意されていて、工事を行う方からみても施工が比較的容易であるメリットもあるようです。
窯業系サイディングでも定期的な塗装工事が必要ですが、サイディングには継ぎ目があり、そこに使用されているコーキング材も経年劣化を起こすため、塗装工事の際にはコーキングの改修も必要となります。
コーキングの劣化以外にも、メンテナンスのサインとしてひび割れや汚れや雨だれなどがあるため、見た目で気になる部分があれば、専門業者に早めに診てもらうことをおすすめします。

05神奈川県全域で外壁塗装・屋根塗装を提供

横浜エリアを中心に、川崎市、相模原市など神奈川県全域で外壁塗装や屋根塗装などを提供しています。
横浜は日本でも有数の観光地であり、日本一人気がある街といっても過言ではないでしょう。横浜の全てを知るためにはかなりの時間が必要で、とても一日だけでは観光名所を周り切ることはできませんが、ここを押さえておくと良い場所を紹介します。
横浜はグルメの街でもあるので、日本最大の中華街である「横浜中華街」は立ち寄るのに外せない観光名所です。約300もの中華料理店が建ち並び、コース料理やバイキングなども楽しむことができます。テイクアウトや立ち歩きもできるので、短時間でも楽しむことができます。
山下公園も横浜の人気の観光スポットで、ここからは美しい横浜港を一望できます。観光客だけではなく地元民の憩いの場にもなっています。
明治・大正時代に建てられた煉瓦造りの保税倉庫を活用した文化・商業施設である「横浜赤レンガ倉庫」も、横浜を訪れたなら絶対に行くべきスポットで、その中にはお洒落なショップやカフェやレストランなどもたくさんあります。
赤レンガ倉庫を訪れたら、今の横浜を象徴している横浜みなとみらいにある「横浜ランドマークタワー」にも行くべきで、特に夜に訪れるとその美しさに感動することは間違いなしです。

06塗装を行う場合にかかる費用相場はどのくらいなの?

結論から言うと、かかる費用相場は、30坪の建坪のお宅で60万円からとなっています。
ただし、これはあくまでも目安であり、これよりも安い価格を提示してくる業者もいれば、この金額の何倍もの見積書を持ってくる業者もいて、価格は安ければ良いということはないことを認識しておくことが重要になります。
外壁塗装を業者に依頼するときに最も気をつけなければいけないことは、悪徳業者に引っかからないことです。

外壁塗装を行う場合にかかる費用相場はどのくらいなの?

悪徳業者は依頼者のことは考えないで、自分たちが得をすることだけを考えています。そのため、平気で手抜き工事をして、法外な請求書を出してきます。
悪徳業者に騙されると、またすぐに工事が必要となり、相場以上の費用を騙し取られたうえに、再び工事代を支払わなくてはいけなくなってしまいます。
外壁工事は、職人の腕や工事の仕方や使用する塗料などによって、仕上がりもメンテナンス期間も変わってきます。高品質の塗料を使用すれば長持ちすることになるので、その場合は工事費が高くても長い目で考えれば得をする可能性が高いです。
悪徳業者に騙されないで、信頼できる業者を選択するには、最低限の知識を身につけることをおすすめします。

07気をつけるべき3つのポイント

01見積りは複数社に依頼することが大事


自宅の外壁塗替えには最低でも数十万円のお金が掛かるので、多くの方が最も気になるは費用面だと思います。
相場はインターネットなどでも簡単に調べることができますが、1社だけから見積りを取らないで、少なくても3社からは相見積りをとることをおすすめします。
見積りを依頼する際には、使用する塗料や塗装方法なども確認して、条件を合わせることもポイントです。

02工事後の保証の内容を確認しよう


外壁塗替えは工事が完了したら終わりではありません。工事後にすぐに塗装が剥がれてくるなどということも少なくありません。
それに、この業界には悪徳業者も少なくないので、何かあったときの保証の有無やその内容はとても重要なポイントです。相見積りをとるときに、各社の保証内容もしっかり確認してください。

03事前の診断と報告をきちんとしてくれるかが大事


見積書を作成する際に、工事前の診断をきちんと行うかどうかも、工事を成功させるための大事なポイントです。
現場を見ないで見積りを出すような業者は論外ですが、現場に来てもきちんと調査をしないですぐに現場を離れるような業者も信用しない方が良く、そのような業者は悪徳業者の可能性もあることを認識しておきましょう。

08外壁の塗替えをお願いする業者の選び方とは

外壁塗替えを提供している業者の中には、残念ながら悪徳業者も多いため、絶対に信頼できる業者に依頼することが大前提となります。
悪徳業者かどうかを素人が見分けることは簡単ではないため、許可や資格を持っているかどうかを確認することをおすすめします。
まずは、建設業許可を取得していることを確認しましょう。これは国土交通大臣または知事による認可なので、これを持っていれば悪徳業者である可能性はほぼないと判断できます。
塗装技能士という国家資格を持っている者がいるなら、より安心感が高まります。塗装業者を選ぶときには、塗装技能士がいるかどうかを確認してみましょう。
そもそも、今の時代にインターネット上にWEBサイトを持っていないような業者とは取引しない方が良く、ネット省でこれまでの施工実績を公開している業者であればより安心です。施工の腕の自信がある塗装業者は、宣伝もかねて施工実績を公開している可能性が高いです。
あとはできるだけ多くの業者に問い合わせをして、必ず現場を見てもらい見積書を提出してもらって、対応の良さも含めて自分で判断してください。

09料金に関することで良くある相談とは

料金に関することで良くある相談とは

どんな家でも基本的には外壁の塗替えが必要となり、その際に多くの方が気になるのはどのくらいの費用が掛かるかということです。
建物工事の中でも値段が分かりにくい工事の1つとされていて、そのため依頼する業者ごとに見積金額が大きく異なるケースも多く見られます。
使用する塗料や、外壁の塗装の回数などによっても料金はかなり変わってきますが、その他にも職人さんの熟練度などの技術の高さによっても金額が変わってきます。
そのため、同じ材料を使用して同じ回数で塗装してもらっても、料金が大きく上下することも良くあることです。
費用をできるだけ抑えようとして、複数社から見積もりを取って、一番安いところに依頼すると、すぐに工事に不備が見つかって余計に費用が掛かるということもあります。
この業界には工事や料金の不透明さを利用して手抜き工事をする悪徳業者もいるため、ただ単に見積金額が安い業者を選択することは避けた方が良いです。
それを踏まえたうえで、外壁塗装工事の費用相場は、一般的な30坪前後の住宅で60〜90万円程度となっています。同時に屋根の塗替え工事を行う場合は、80〜120万円程度となります。

10よくある3つの質問とは

質問 外壁塗装を行うタイミングは?
回答 外壁塗装を行うタイミングは、築年数が10年以上経っていることが基本となります。
外壁は常に外気に触れているため、どうしても月日が経つごとに劣化が進んでいきます。
使用する塗料や家が建っている環境によっても異なりますが、一般的には外壁塗装を行うスパンは10〜15年となっています。
汚れが目立っているなら、10年が経過していなくても、早めに専門業者に状態を見てもらいましょう。
質問 塗装が必要になる外壁の症状とは?
回答 外壁の色が変色したり汚れが目立ってきたりしている場合は、塗装をする時期がきていると考えた方が良いです。
その他にも、ひび割れや壁に触れて手が白くなるチョーキングという現象が起きた場合も、塗装を行う時期がきていると考えられます。
カビやコケや藻が発生したり、サビによる腐食が起きているときも、廃壁塗装を考えましょう。
質問 塗料にはどのようなものがあるの?
回答 外壁の塗装に使用する塗料には、大きくわけると5つの種類があります。
それは、「アクリル系塗料」「ウレタン系塗料」「シリコン系塗料」「フッ素系塗料」「特殊塗料」で、アクリル系塗料だと耐用年数は4〜7年ほどしかありませんが、フッ素系塗料や特殊塗料だと耐用年数は15〜20年にもなります。
特殊塗料に関してはどんどん新しい商品が開発されていて、耐用年数も長くなりますが、単価も高くなるのが特徴です。

11業者を選ぶときに注意すべきこと

POINT 外壁塗装というのは、相場があってないようなものなので、悪徳業者に引っかかってもそのことにずっと気づかないで、数年後に外壁に異常が出てはじめてそこで騙されたことが判明するというケースも珍しくありません。
たとえ手抜き工事をされたとしても、塗装工事の品質は見た目ではなかなか判断できないことが、悪徳業者が横行している大きな理由となっています。
悪徳業者に騙されないようにするには、業者を選ぶときに悪徳業者の手口や特徴を知っておけばよく、それが分かっていれば選択ミスをする確率を限りなく0に近づけることができるのです。
悪徳業者の特徴として訪問販売がありますが、これは単にそのような業者とは取引しなければ被害を回避できます。
見積りをする際に短時間で調査を終えるような業者も除外して、外壁の状態を大げさに悪く言う業者にも注意してください。
悪徳業者は塗替えが必要ない状態でも工事を迫ってきます。契約を急がせるような業者にも気をつけましょう。そのようなことをされた場合は、他の業者にもしっかり状態を診てもらって、正確な状態を自分で把握してください。
あとは、大幅な値下げをしてきたり、工期が他社よりも短かったりするような場合は、悪徳業者を疑いましょう。

12覚えておきたい外壁塗装の専門用語

家の外壁にモルタルを選ぶと、再び外壁塗装が必要になることを認識していても、サイディングを選択した場合にも塗装工事が必要になることを知らない方はかなり多いようです。
モルタルやサイディングの質や使用した塗料の種類によって、塗り替えの時期は異なりますが、一般的には10〜15年程度で外壁の塗替えが必要になります。
家一軒分の外壁を塗装するには、それなりの費用が掛かり、依頼先によっても価格は異なるため、できるだけ安く工事を済ませるには複数の業者から相見積りをとることを推奨します。
その際に業者側が使用する専門用語を覚えておけば、見積りの際や工事後などに起きやすいトラブルを回避することができます。
たとえば、外壁塗装を行うときに足場が必要となります。足場とは、高いところを作業するときに使用する仮設の床のことで、塗装業者の中には自社で足場を所有していて足場代を無料にしているところもあります。
塗装工事には養生が必須となりますが、これは塗料が他の場所に飛び散らないようにビニールシートや専用のシートやガムテーブなどを使用して保護することで、塗装工事代には養生費も含まれることがほとんどです。
ケレンとは、塗装する場所の汚れやサビを落とすための下地調整のことで、この作用がしっかりできていないと仕上がりや寿命に悪影響を与えます。

FAQ一覧

お役立ち情報

外壁の塗替えをする際の業者選びの注意点 外壁塗装業者選びで失敗しないポイントが記載されています。これから外壁塗装をするという方には参考になる内容となっています。
見積金額が安過ぎる業者を選んで後悔する理由なども書かれています。
外壁の塗替え工事の適性価格はどうやって判断すれば良いの? 外壁塗装にはどのくらいの費用がかかるか知りたい人に、外壁の塗替え工事の費用相場の見極め方を紹介しています。
適正価格を知るためには、外壁塗装の見積書にはどのような項目があるかについても記載しています。
外壁の塗替えでツートンカラーにするときのポイントとは? 家の外壁をツートンカラーに仕上げる場合の、配色のポイントについて解説しています。
適当に配色をしてしまうとバランスが悪くなることなどの注意点も書かれているので、気になる方はぜひご覧になってください。

PageTop

横浜外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム